ウォーカーギャリア (1/100 R3)

Pocket

本編放映時、発売中止でファンのあいだで物議を醸したという1/100が25年の時を経てまさかのキット化。
最新技術が盛り込まれたのはいいが、ギミックに気合入れすぎて重くなった足首を支えるのはなかなか厳しくて、経年劣化でヒザがカクカクし始めた。
ところで、ザブングルでさえ「ザブングルタイプ」の名称なのに、ギャリアは「ウォーカーギャリア」という商品名になってるのが子供心にも不思議だったんだけど、つまりギャリアだけはワンオフ機だからという解釈でいいのかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。